【宝石】鑑別書と鑑定書の違いって?見方も紹介!もし無くしたら?

宝石を購入すると、その宝石についてのデータを記した紙を一緒に渡されますが「鑑別書」と「鑑定書」の違いについてご存知でしょうか?

実は、鑑別書と鑑定書には明確な違いがあり、その内容はことなります。買取における高値で買い取ってもらうポイントなどにもつながる内容なので、買取を依頼する際には違いや内容を理解しておくことが重要です。また、もしなくしている事が発覚した時にも、どのように対応すべきか確認しておきましょう。

鑑別書と鑑定書の違いは何?書かれている内容に注目!

鑑別書の発行

鑑別書と鑑定書、言葉は似ていますが意味も異なる全く別の書類で内容も異なったものとなっております。以下では鑑別書と鑑定書の違いとそこに記されている内容を紹介します。

鑑別書は宝石全般に発行できる証明書

宝石が天然石なのか、人工石なのかを証明するものが鑑別書です。

石の種類に関わらず天然石か人工石か、処理内容、石の分析(硬度、屈折率、多色性や、宝石のサイズ、カット、重量)が記されています。

鑑定書の発行はダイヤモンドのみ!

鑑定とはダイヤモンドの品質を表す「color」、「clarity」、「cut」、「carat」の4Cの基準に基づいて行われるランク分けです。鑑定書とは「鑑定が行われた証明書」ということなので、ダイヤモンドに限定して発行されるものということです。

書かれている内容に嘘はないの?

基本的に「一般社団法人 宝石鑑別団体協議会(AGL)」の基準を満たし、加盟している鑑別機関から発行されている鑑別書は信用度が高いと言えます。

しかし、ダイヤモンドについては例外で日本国内で鑑定書の発行基準が統一されていないため、世界的に見た場合一定の品質を保証していないという扱いを受けてしまいます。

ダイヤモンドの鑑定書の場合はHRD(ベルギーのダイヤモンド取引所統括の公益法人)やGIA(4Cの基準を作成したアメリカ機関)が発行元であれば確かなものとして扱うことができます。

ところが残念なことに、鑑別書や鑑定書自体が偽物ということもあります。偽物を見極める方法としては発行元の会社名や住所を調べる、ホームページの内容やリンクを確認する、ロゴを確認することです。

鑑別書の一例

ルビーの鑑別書

ルビーの鑑別書

翡翠の鑑別書

翡翠の鑑別書

タンザナイトの鑑別書

タンザナイトの鑑別書

レッドトルマリンの鑑別書

レッドトルマリンの鑑別書

パライバトルマリンの鑑別書

パライバトルマリンの鑑別書

もしも鑑別書や鑑定書をなくしたら?買取はしてもらえるの?

鑑別書の発行

もしもこれらの書類をなくしてしまった場合、再発行はできるのでしょうか?また、買取に支障はないのでしょうか?

鑑別書や鑑定書は再発行できる?

もしなくしてしまった場合でも鑑別書や鑑定書の再発行は可能です。手数料は発行期間や発行店、記載する内容や宝石の大きさなどにもよって異なりますが1,000円〜15,000円ほどです。

鑑別書や鑑定書がなくても買取はできる?

鑑別書や鑑定書は鑑定士にとって買取額を決めるヒントになる程度であり、鑑定士がその場で鑑別・鑑定し価格を決定するため、鑑別書や鑑定書がないとしても買取自体には支障ありません。

しかし、鑑別書や鑑定書がない状態で鑑定歴が短い、鑑定力がない鑑定士に鑑定された場合、安く買い取りされてしまうというケースもあります。

鑑定書や鑑別書は「あったらいい」くらいの立ち位置ではありますが、ない場合は人によっては安く買取されてしまうことも無きにしもあらずのため、不安な場合は再発行してもらうといいでしょう。

鑑別書や鑑定書の有無で買取額は変わる?

鑑別書や鑑定書の有無は買取金額に無関係であくまで宝石自体の価値を判断し価格をつけています。しかし、調べると鑑別書や鑑定書がないために思ったよりも安く買取をされてしまったという話もあります。これについては「正しく鑑定することができる人か」ということが重要になってきます。

高度な専門知識が求められるため、鑑別書・鑑定書なしの状態でを見る場合、自信をもって宝石を見ることができず、結果低く見積もってしまうということが起こってしまうのです。

買取してもらおう!高価買取のために今からできること

高価買取のために今からできること3選

ここでは今からできる高値で買取してもらうためのテクニックをご紹介します。これをすれば買取額が多少上がるかも!?

宝石のお手入れをしておこう

人の汗や皮脂などが原因で曇ってしまっていることがありますのでお手入れをしましょう。

硬度が高い宝石についてはぬるま湯に入れ、汚れがひどい場合などは中性洗剤でこすり洗いします。反対にやわらかい宝石の場合は柔らかい布で丁寧に優しく拭きましょう。

宝石の売りどきをチェックしよう

宝石には「売りどき」「流行」があります。流行にあわない宝石やジュエリーの場合値下げして販売したり、流行の形に加工したりすることもあるため、その分低く見積もられてしまうことがあります。

宝石の買取相場情報や流行のデザインを参考に売りどきを見極めるとより高い金額で買い取りしてもらえるはずです。

まとめ

鑑別書

鑑別書と鑑定書の違いから、買取における鑑別書・鑑定書の関係、買取の際に高く買い取ってもらうためのポイントを紹介しました。

鑑別書は宝石全般の証明、鑑定書はダイヤモンドに用いる証明ということでした。

また、宝石の手入れや流行のチェックなどちょっとの工夫で高く買い取ってもらうことができるのであれば買取前にやるべきでしょう。以上を参考にして買取に役立ててください。